すっきり見えるゴムパンはどれか研究

  • 2019.09.20 Friday
  • 11:03

JUGEMテーマ:手作り服

ゴムパン、いわゆる開きがなく、ゴムでウエストが出来ているパンツのことをこう呼んでいるのです。

 

既製品でもずいぶん多くなった気がします。

少し前はゴムのウエストといえば、着ていて楽なことを優先しているおば服の代表で、トップスをインして、ゴムをみせるなんてことはせずに、長めのトップスを出して、ウエストは隠して着るものだったのですが、今は普通にゴムウエストでも、見せて着ていることが多い気がします。

 

当然ハンドメイドでも、ゴムパンは作るのが楽。あきを縫わなくていいので時間も手間も大幅にカットされますし、ファスナーを用意しなくてもいい。難しい工程がなくなるので、初心者の方でも作りやすいというメリットもあります。

 

型紙もいろいろ売られているので、作って着て一番スッキリ見えるゴムパン探しをしています。

写真はInstagram sewingboxmにも一番最近アップしたものですが、前にワンタックあってひざ下が細めストレートのモノ。

タックはおなか周りがかえって気になると思っていましたが、このタックによってウエスト周りのゴムで寄せる分量が少なくなってスッキリ見える気がしました。

 

ちなみに、これが第2弾で第1弾はこれ

全体にゆったりめで、太く見えるかと思いましたが、こうやって写真にすると、落ち感のある生地ならこれもストンとした形がきれいな気がしてきました。

 

ちなみに、ゴムパンの場合はサイズ選びに注意しましょう。ヒップは通らないといけないので、ウエストのゴムを入れる前のサイズがヒップのサイズ以上ないと、着れません。だから、ヒップサイズに少し余裕をもったぐらいのサイズを選ぶのがいいと思います。

表記のS<M<Lなんかは参考程度に、出来上がりの寸法をよく見て作りましょう。

私はだいたい自分のサイズと、その下のサイズぐらいを両方作ってみて、比べたりします。

 

今後もゴムパン研究所は続きます。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM