ソーイングビーseason2 vol.3

  • 2019.12.13 Friday
  • 11:30

前回だれも脱落しなかったソーイングビー。

 

今回の課題は、柄物の扱い方です。型紙通りに作る課題はボックスプリーツのスカートでした。

season1に比べて、課題の出し方がよくなってますよね。チェックしたいポイントがよくわかるし、判断基準も明確になってます。

 

柄物は私もなかなか手をだしません。合わせるのがめんどくさくなって、あと回しになることがわかってるので。

 

柄合わせをするためには、型紙は半身だとやりにくいですよね。つまり中心を輪でとった型紙だと、見えてない部分の生地の柄が合わせにくいです。いくらきっちり折って柄を合わせているつもりでも、反対側はずれていることが多いのです。それを防ぐためには、生地を折らないで広げ、全身の型紙をまっすぐ置くほうが合わせやすいです。

ただ、型紙って輪で取る場合は、半身の場合が多いので、まずそこからと思うとちょっと億劫になります。

 

課題のボックスプリーツの難しい点は2つ。プリーツの部分の柄合わせとウエストベルトをどう合わせるかです。

中心をしっかり決めて左右対称にプリーツをたたみ、たたんだ部分の柄があうかどうかチェックしてウエストベルトを柄に合わせて裁断します。柄がうまく合わない場合はプリーツの幅を変えてもかまわないけれど、その分ウエストの寸法をプラスマイナスしなければいけません。案外目立つのがウエストベルトの柄で、私はそこでやり直したことが何回もあります。

おもてたんと違う!となりがちな場所です。

 

番組を見ていて思ったのは、指示通りに作らないと減点されるとわかっているのに、自己流を貫く人が多いことです。

ファスナーを変更してみたり、縫い方を変えてみたり。

どうやったら点数をかせげるかと考えるポイントが、日本人とは違うなと実感します。

 

日本でやったら、全員が指示されたことは守りそうですけどね。

 

次回はシャツ2枚を使ったリメイク課題から。これもみんなかなり自由に作っていました。

これ着るかな?みたいなんがたくさん出来上がってそうで、楽しみです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM