ソーイングビーsesason2vol.6

  • 2020.01.10 Friday
  • 11:40

 

「sewingbee 画像」の画像検索結果

新年あけてのソーイングビー。待ってました。

 

他にブリベイもseasonを2つ、アメアイも見ているリアリティショー好きですが、やはりソーイングビーが真剣に見てしまいますね。

 

ジャージー素材の課題の続きですが、大き目のTシャツのリメイクからいきましょう。

たぶん、スポーツ用の素材っぽいTシャツですが、結果子供用のレオタードにリメイクしたものが一番評価されました。

いつもリメイク課題は、自分に置き換えてもたいしたアイデアが思い浮かばなかったのです。

しかし、今回を見ていてたどりついた結果は、まったく違うものに変えるほうがいい!ということです。

そんな当たり前のこと今更っと思いますが、私には目からうろこでした。

少しイメージの違うものを作るではなく、まったく発想を転換させる。

たぶんこれがリメイクのポイントですね。

 

まあ、普段リメイクすることはないんですけど。

 

それにしてもみんなバイアスの処理が雑なような。生地が伸びていたり、バイアステープが立っていたりしてますよね。

バイアスの処理は高難度だと思います。洋裁本によくありますが、バイアステープでみたいに簡単に書くなよといつも思います。

結構難しいぞと。

 

それに伸び止めテープや接着芯を貼るシーンがないのですが、これはそんなシーンは省いているのか、あまり使わないのか、どちらでしょうね。

洋服を作るときに一番ハンドメイドっぽさが出るのが、生地が伸びてしまうことだと思います。

それを防ぐために、日本の仕様書は結構厳重に伸び止めテープ使います。貼るときは少し面倒だなと思いますが、確実に仕上がりを変えるアイテムです。何種類か持っていると、役に立ちます。特に薄いものがお勧めです。

 

ラップドレスの方は、チネロの型紙を使わないベロアのドレスが突出してましたね。

ダイアンフォンファステンバーグに代表されるラップドレスですが、作品を見ても分かるように結構胸元が開くんですよね。

それに、ウエストをきゅっと締めて着ることが多いので、体型がはっきり出ます。

この2つが日本ではあまりラップドレス人気がないことかなと思います。

カシュクール型はよくありますが、ゆったり目のナチュラル系、下になにか着て、着用する的なものが多いです。

 

私もあこがれるので、何回も挑戦したことありますが、あんまり似合わない。なんかね、寸胴を強調したような仕上がりになってしまいます。作っては捨てを繰り返してます。

今回何着かあった、前だけが重なったラップドレス風のほうがいい気がしてきた。

 

また挑戦してみようかな。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM