ソーイングビーseason2vol.12

  • 2020.02.21 Friday
  • 11:35

JUGEMテーマ:ソーイング♪

今回はスーツのジャケットのリメイクから始まりましたね。

 

前回書いたようにジャケットのリメイクって難しいと思うのに、みんな上手く処理していました。

個人的にはデビットのジャケットの襟を活かしたリメイクがいいと思ったのですが、トップはチネロのワンピースでしたね。

 

そしてメインのヴィンテージのコート作りです。

私がコート作りで一番難しいと思うポイントは、シルエットをまっすぐ出すことと、いかに縫い代の厚みを処理してすっきり見せるかにかかっていると思うのですが、今回の採点でもその2つが鍵になっていました。

 

コートの生地は厚みがあるので、縫い代の重なる部分はミシンの押さえの下に入れるのさえきびしいことがあります。

そして縫ってからの縫い代をカットして厚みを減らしてアイロンをかける。これが大事です。

デビットやチネロの襟の部分でも指摘されていましたが、アイロンで随分よくなったはずです。

あまりぎゅうぎゅう押さえつけると、表へのあたりが心配になりますが、自分が思ったよりも強くかけるほうがうまくいく気がします。

 

あとは裾の処理ですよね。タマラのように三つ折りでは表に響きます。チネロのやり方はどんでんがえしといって裏地と合わせて縫ってから返す方法ですが、その場合も縫い代は手縫いでまつります。そうしないとだんだん落ちてきます。経験済みです。

 

リンダのコートがトップでしたが、袖口と裾のまつり方がきれいでした。

あんなに長い裾なのに、しかもフレアーがたっぷり入っていてカーブもあったでしょうに、きれいに手縫いでまつられていて、それが全体の印象を左右しましたね。

 

距離の長い裾をまつっていると、まだここまでか〜とうんざりすることがよくあります。

あと裾だけと思うと気持ちがはやりますが、ここはじっくり行くほうがいいです。焦った時ほど失敗します。

 

その服を着た時に、ここをもう少し丁寧にすればよかったな〜と毎回思うことがなくなることを目標にします。

 

残すところあと4回の放送です。

毎回大事に見ていきたいと思います。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM